【危険】間違ったメンズ洗顔のやり方5つ!正しいのは○○する方法

  

今やメンズコスメもどんどん店頭に並ぶようになり、男性も美容に気を使うようになってきた時代。メンズ用洗顔料もいろんな種類のものが出てきましたね。

でも、どれほど良い洗顔料を使っていても、洗顔のやり方を間違えれば、肌が綺麗になるどころか、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

ちゃんと洗顔しているのに、テカる、ニキビができる人は間違った洗顔をしているかも知れませんよ。

そこで、今回は男性がやっている間違った洗顔方法と正しい洗顔方法について解説したいと思います。

メンズ必見!間違った洗顔5つ

肌がいつまでたっても綺麗にならない!というそこのあなた、間違った洗顔していませんか?今やメンズコスメは洗顔、化粧水、美容液までいろんなアイテムがありますが、美肌を目指すに当たって最も大切なのは洗顔です。

洗顔の目的は汚れや不要な角質、皮脂をちゃんと落とすこと。

正しい洗顔をすることで、肌のキメが整い、毛穴が引き締まるなどたくさんのメリットがあります。逆に、正しい洗顔方法でちゃんと汚れを落とさないと化粧水や乳液の効果も出にくくなりますし、肌に汚れが溜まって加齢臭やニキビの原因にもなってしまいますよ。

まずは、あなたが今やっている洗顔方法が正しいかどうかチェックしてみてください。

1日に何度も顔を洗う

テカリやベタつきが気になるからといって、1日に何度も洗顔していると、肌に本来必要な潤いや水分を奪いすぎて、逆に肌が乾燥していると勘違いしてしまうんです。

そうすると肌内部の随分が不足しているにも関わらず、皮脂だけが大量に出てしまうという結果に。この状態はインナードライと呼ばれていて、肌内部の乾燥が深刻化している状態なんです。

また、顔拭きシートで1日に何度も顔を拭いている人も要注意です。洗顔のしすぎ同様、肌に必要な水分を奪って肌はますますインナードライ状態になってしまいます。

インナードライを引き起さずに肌の潤いを保つためには1日2回までの洗顔がぴったりなんです。2回というのは朝と晩に1回ずつ。

朝の洗顔は寝ている間に出てきた皮脂汚れや汗、また寝具の誇りや目に見えないゴミを取り除くために行います。夜の洗顔は日中に顔についた目に見えないちりやホコリ、皮脂、ベタつきや花粉、PM2.5などの環境汚染物質を洗う意味があります。

洗顔の回数を守ることで肌の潤いを適切に保ちましょう!

洗顔料は家族と共用

家族と同じ洗顔料を使っていませんか?奥さんが使っているもの、息子が使っているものを一緒に使っている人って案外多いんですよね。

男性の肌は女性の肌よりも角質が厚くなりやすく、皮脂の量も3倍ほど多いんです。女性の皮膚は薄く、敏感肌になりやすいので、女性用の洗顔料は比較的マイルドで、メンズ洗顔料よりも洗浄力が弱めに作っているものも多いです。

反対に、男性の肌は皮脂量が多いため、角栓が詰まりやすくなりますし、テカリやにおいが出やすくなります。よって、女性は女性用の洗顔料、男性は男性用の洗顔料を使うようにしましょう。

また、年代によっても使うべき洗顔料は変わってきます。例えば、20代であれば、皮脂量が最も多い年代なので、皮脂対策ができるものを使うといいでしょう。

30代であれば、アンチエイジングが一緒にできる洗顔料、40代であれば加齢臭対策が一緒にできる洗顔料など、肌質や年代やライフスタイルに合わせた洗顔料を選ぶようにすると、美容効果は高まりますよ。

お湯の温度は○○度

顔を洗う時のお湯の温度も重要です。人間の体温は36度前後ですが、洗顔の時に使うお湯は人間の体温よりも少し高いくらいが最も汚れが落ちやすいんです。よって、38度〜39度くらいのお湯で洗顔するようにしましょう。

夏場は冷水で顔を洗うと気持ちがいいですが、冷水の温度では皮脂汚れが落ちにくいので、どうしても顔を冷やしたい場合は、38度〜39度のお湯ですすいだ後に冷水で肌を引き締めるようにすると毛穴もキュッと閉まるので、毛穴対策にもなります。

反対に40度を超えてしまうと、肌に必要な皮脂も落としすぎてしまうので、逆効果です。皮脂は男性の肌にとって何かと敬遠されがちですが、適度な皮脂量は肌のうるいを守るために必要なのでお湯の温度に注意して洗ってみてください。

爽快感抜群!スクラブ洗顔を使っている

ドラッグストアで売っているような男性用の洗顔は、とにかく皮脂やべたつきを落とすためのものが多く、洗浄力が強すぎるものや固いスクラブが入っているものが多いです。

もし、顔を洗った後、肌が引きつったようにつっぱるのであれば、今使っている洗顔料はあなたの肌にとって洗浄力が強すぎます。また、スクラブ洗顔は肌を磨いて、角質を落とす研磨剤としての効果は高いですが、粒子が硬く、人工的なものがほとんどなので、洗顔中に肌を傷つけてしまいます。

スクラブ洗顔を使いたいのであれば、天然成分で作ったスクラブや、保湿力の高い洗顔料を使うようにしましょう。

泡だてずにゴシゴシ洗う

泡は洗顔中に皮脂や汚れを絡めてとって落としてくれる重要な役割をしています。適当に泡立ててゴシゴシ勢いよく洗ってるそこのあなた!洗顔料の泡立ち不足は肌荒れの原因ですよ?

ゴシゴシ洗いは一見肌の汚れが落ちているように見えますが、肌への負担が大きすぎます。ましてや、乾燥していたりニキビができている時は、肌に余計な負担をかけることはNG。泡を肌と手の間で転がしながら優しく洗うようにしましょう。

さらに、泡立ち不足はすすぎ残しの原因になっていしまいます。しっかりときめ細かいで顔を洗うとお湯に溶けて泡も流れやすくなります。

もし、泡立てるのがめんどくさいというかたは、泡で出てくる洗顔料や、泡だてネットを使うと簡単にふっくらした泡を作ることができますよ。

泡だてネットの使い方は簡単なので、ちょと実践してみたいと思います。

使ったのは【バルクオム】の泡だてネット。市販されている泡だてネットよりも大きめで20センチほどあるので、とてもきめ細かな柔らかい泡が作りやすいです。初回限定肌活コースの無料特典でゲットしました。

まずは、泡だてネットを水で軽く濡らします↓

洗顔料を適量、泡だてネットにつけます↓

泡だてネットを擦り合わせながら泡を立てていくと20秒ほどでモチモチのあわが出来上がりました↓

最後に泡を集めて出来上がりです↓

きめ細かい泡で洗うと洗い上がりのツッパリ感も防げて肌もしっとりするし、すぎやすいのですすぎ時間も短縮できます。あなたも泡だてネットを一度でいいから使ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?男性の肌には男性の肌に合った洗顔を行うことが重要です。今回初回した洗いかたは今日から実行できるはず!

間違った洗顔方法を1つでもやってしまっていた!というかたは1つずつでいいので、改善していってくださいね。