髭剃り負けでニキビ、血が出る、跡が残る?肌荒れする人が知っておくべき髭の剃り方

髭剃りは清潔感を保つためにサラリーマンには必須ですよね。でも、髭剃りをしたあとって肌がヒリヒリしたりひどい時には血が出たり赤くなったりと結構肌荒れしませんか?僕は皮膚が弱く、以前は髭を剃った後に必ずと言っていいほど血が出ていました。

綺麗に髭を剃りたいのに結局、肌を傷つけてしまって見栄えも悪くなってしまうんですよね。しかも1回剃ったところを翌日また剃ってまた皮膚を傷つけてしまうなんてことがよくあります。

そこで今回は、髭剃りをして「ニキビができる」「血が出る」「跡が残る」なんていう人のために正しい髭剃りの仕方とスキンケアの方法を紹介したいと思います。

 

髭剃り負けする原因

髭を剃ると肌がヒリヒリしたり、ニキビのような赤いブツブツができたりと髭を剃ることでできる肌トラブルを髭剃り負けと言います。髭は毎日剃らないといけないのに髭を剃るたびにこのような肌荒れがあると髭を剃るのも億劫になってしまいますよね?髭剃り負けする原因は、様々ですが、主に以下の項目のような原因があげられます。

髭剃り負けの原因肌が乾燥している
肌の凹凸や隆起している部分を削ってしまう
汚れたカミソリを使っている
切れにくいカミソリを使っている
力の入れすぎ

肌が乾燥している

肌が乾燥していると、肌の表面がカサカサして角質がめくれたり、カミソリがめくれた細かい角質に引っかかって滑りにくくなります。このような状態で髭を剃るとカミソリで直に肌を傷つけたり、剃った後にヒリヒリしてしまうことがありますし、肌の凹凸が多いので血が出たり剃った部分に跡が残ってしまう原因になります。

髭剃り前の肌の乾燥を防ぐために、蒸しタオルで肌と髭を柔らかくしたり、シェービングクリームをつけて保湿しておきましょう。

体験レビュー:髭剃りの後にヒリヒリするなら【必見】髭剃り後のニキビやヒリヒリをケアするおすすめメンズ化粧水4選をチェック!メンズコスメの中でも僕が実際に使ってよかった化粧水を厳選して紹介してます。

肌の凹凸や隆起している部分を削ってしまう

また、肌の表面は一見滑らかに見えても、実は目に見えない凹凸や隆起している部分があります。このような隆起は角質が厚くなっている部分もあれば、乾燥して角質がめくれている部分もあります。このような凹凸や隆起している部分をカミソリで削ってしまうと血が出てかさぶたになってしまう原因になりますし、傷ができたりして肌トラブルを起こしてしまいます。

 

汚れたカミソリを使っている

汚れたカミソリを使っているとカミソリ自体に雑菌が繁殖し、肌を滑らせたときにできた小さな傷口から菌が入って肌荒れの原因になります。特に、ニキビがすでにできている場合や、すでに髭剃り負けを起こしている場合は、ニキビの原因であるアクネ菌やその他の雑菌に対する肌の免疫力が弱っています。このような場合、肌トラブルが悪化することがあるので要注意です。

髭剃りが終わったらカミソリを綺麗に洗ってしっかり乾燥させましょう!

切れにくいカミソリを使っている

カミソリは消耗品なので、使う期間が長くなればなるほど切れ味が悪くなります。特にお風呂場や洗面所などの水濡れしやすい場所に置いておくと、錆びてきたり雑菌が繁殖しやすくなるのでなるべく湿気の少ない場所で保管し、しっかり乾燥させるように注意しましょう。切れないカミソリを使っていると髭にひっかかったり、滑りが悪くなります。髭が一回で剃れないと何度も肌の上にカミソリ当てなければならず、肌を何度も傷をつけてしまい肌はどんどんボロボロに。

カミソリを交換する時期の理想的な目安としては2週間です。電気シェーバーなら1ヶ月に1回を目安にしましょう。

もちろん使用頻度や髭の太さにもよりますが、刃の予備を置いて置いておいて交換時期を決めておいたり、刃こぼれやサビの原因にならないようにしっかりカミソリを乾燥させるなどの対策をしましょう。

髭剃りの正しいタイミングは?

髭剃りのベストなタイミングは寝起きから30分後です。どうしてこのようなタイミングがベストかというと寝起きは顔がむくんでいて髭が毛穴に埋まりやすくなっているからです。また、寝起きすぐは体がこわばったり頭がぼーっとして髭剃り中に肌を誤って切ってしまうなどのケガをすると危ないので、寝起き30分後くらいが髭剃りのベストタイミングです。


          管理人
午前6時から10時までの間は髭が伸びやすくなっているので、この時間帯に剃るのがおすすめですよ。

髭剃り負けしない髭剃りの方法(T字カミソリ版)

髭剃り負けを起こさないようにするにはどんな風に髭を剃ったらいいのでしょうか。まずは、T字カミソリでの正しい髭の剃り方をお伝えしたいと思います。髭剃り前、カミソリの使い方、髭剃り後のスキンケアなどを具体的に解説していくので参考にしてみてください。

シェービングクリームを塗る

髭反りの前には下準備が必要です。この下準備というのが、肌滑りを滑らかにすることと、肌の角質がカミソリによって傷つきにくくすることです。滑りをよくすることと肌の角質が傷つかないようにするためには保湿が必要です。

何故ならば、乾燥した肌は角質がめくれやすくなっているので、髭剃りの後のヒリヒリに繋がります。また角質がめくれることによって、見えない傷がつき、雑菌が侵入しやすく、ニキビなどの肌トラブルに繋がってしまいます。

保湿の方法としては、シェービングクリームや保湿ジェルなどを使って、カミソリの滑りをよくし、肌を傷つけにくい状態にしておきましょう潤っている肌は柔らかく柔軟性があるので髭を剃りやすくなります。シェービングクリームをつける前に蒸しタオルを乗せて髭と角質を柔らかくしておくと毛穴が開いて埋没した髭が少し出てくるので剃りやすくなります。

石鹸や洗顔料を使ってシェービングクリームがわりにするのはNGです。石鹸や洗顔料は肌の汚れを落とすためのものなので、滑りが十分でなかったり摩擦がおきてしまったりと肌荒れの原因になります。肌荒れを起こしたくなければ必ず専用のシェービングクリームを使うようにしましょう。

髭の流れにしたがって順剃り→逆剃り

シェービングクリームやシェービングジェルを髭を剃りたい部分に塗ったら、頬の部分から髭の目に剃ってカミソリを下向きに動かします。いきなりの逆剃りはNGです。まずは、髭の流れにしたがって全体的に髭を剃ります(順剃り)。順番は頬髭→あごひげ→口髭の順番です。

逆剃りする時は、指先で髭が残っている場所を確認しながら剃ると剃り残しが防げます。肌を少しピンと張るように手で頬を持ち上げながら剃ると剃りやすいです。

全体的に髭が剃れたら最後に逆剃りをして髭の剃り残しの部分や短い毛を綺麗に剃りましょう。口元の細かい部分はT字カミソリではなく、L型カミソリを使うと細かい毛も剃りやすくおすすめですよ。

ポイント

シェービングクリームを塗る

髭の流れにしたがって順剃り→逆剃り

T字カミソリでの髭剃りの正しい流れ

洗顔をして肌を湿らせることで肌がヒリヒリしたり荒れたりするのを抑える。毛穴を開くために蒸しタオルで剃る場所を温めると尚よし!

シェービングクリームをつける

髭の流れに沿って順剃りした後に逆剃り。細かいところはL型カミソリで仕上げ

シェービングクリームと肌についた髭を綺麗に流す

化粧水や乳液で保湿する

髭剃り負けしない髭剃りの方法(電気シェーバー版)

電気シェーバーはT字カミソリよりも肌と触れ合う部分が少ないので肌とカミソリとの摩擦がおきにくく、肌を痛めにくいのが特徴です。T字カミソリとは少し髭剃りの方法が違うので、電気シェーバーの肌荒れしにくい剃り方についても紹介したいと思います。

プレシェーブローション(クリーム)を塗る

T字カミソリを使うときに使うようなシャービングクリームは髭を柔らかくして剃りやすくしますが、電気シェーバーを使う際は、髭が柔らかくなりすぎると逆に剃りにくくなります。よって、電気シェーバー用のシェービングクリーム(プレシェーブローション)を使うようにしましょう。

プレシェーブローションはパウダー配合タイプとオイルタイプがあり、プチプラから高級コスメまでいろんな種類があります。脂症肌の人はパウダータイプで乾燥肌の人はオイルタイプを選ぶと良いでしょう。オイルはカミソリの刃を長もちさせてくれる役割もあるので、刃の切れ味も一緒にキープしてくれますよ!

いきなり逆剃りする

電気シェーバーは先端に向かって刃がついているため、電気シェーバーを肌に直角に当てることによって髭が剃りやすくなります。また、電気シェーバーは外刃で髭を引っ掛けて内刃で剃るという構造です。毛が短かったり、埋没しているとシェーバーの刃に毛が当たらなくなるので、T字カミソリのように先に髭を短くしてしまうと刃に毛が引っかからなくなるので、いきなり逆剃りしましょう。

皮膚を手で引っ張って短い毛を毛穴から出しながら剃ると短い毛も剃り残しがなく綺麗に剃ることができます。剃り残しはT字カミソリの時と同様にL型カミソリを使うと唇や顎のカーブの部分などの剃り残しが綺麗にそれますよ。

ポイント

プレシェーブローションを塗る

いきなり逆剃りする

電気シェーバーでの髭剃りの正しい流れ

洗顔をして肌を湿らせることで肌がヒリヒリしたり荒れたりするのを抑える。毛穴を開くために蒸しタオルで剃る場所を温めると尚よし!

プレシェーブクリームをつける

最初から逆剃りする

シェービングクリームと肌についた髭を綺麗に流す

化粧水や乳液で保湿する

髭剃り後のケア

髭剃り後はカミソリによって肌の角質がめくれていたり、摩擦によって肌が傷ついていたりと、肌が敏感になっています。このような肌は保湿が一番大切です。

血がでる、ヒリヒリするなどの場合、肌が乾燥している可能性大なので、化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。普段からちゃんと保湿していると肌のバリア機能が高まって髭剃り負けをしにくい肌になりますよ。

ニキビができている部分の髭剃りの仕方

ニキビができている部分は、ニキビを避けて髭を剃る、もしくは、髭を剃る頻度を減らすようにしましょう。また、肌に直接カミソリが当たらない電動カミソリを使うようにしてください。

体験レビュー:まずニキビを無くして髭剃りの手間を省きたい方はBUSOの美容石鹸は男性ニキビに効果なし?口コミとニキビへの効果を徹底調査してみた結果をチェック!
 

肌の角質は皮脂と水分が混ざってできている膜で、天然のバリア機能です。

皮脂と水分のバランスがよく、バリア機能が正常に働いている肌はニキビができにくいのですが、髭剃りによって肌の角質と一緒にバリア機能を削ぎ落としてしまうため、ニキビができやすくなってしまいます。

また、カミソリには雑菌が繁殖しやすいので、その影響もあって肌荒れを起こしやすくなってしまうんです。

角質と一緒にバリア機能が削ぎ落とされることで顔の皮脂も一緒に奪われると、肌は乾燥していると思って皮脂を盛んに分泌しようとなります。

そうすると皮脂量が多くなって毛穴が皮脂を排出しきれずに詰まりやすくなり、そこに雑菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビの原因となってしまうってことなんです。

また、夜は髭を剃らないようにしましょう。寝ている間に髭は伸びるので、特に髭の伸びが早い方は朝も髭剃りをしなければならなくなります。

なんども髭を剃って肌に負担をかけたりニキビがあるのにカミソリの使用頻度を上げるkとは、ニキビにとって悪影響です。

髭剃りは朝1回にしてなるべく肌に負担をかけないようにしましょう。つまり、ニキビができている時は髭剃りの回数を最低限に抑えるってことですね。

しかし、いくら髭剃りの回数を減らしたからと言って根本的にニキビが治るという訳ではありません。

まずは、ニキビ対策やスキンケアがとても重要です。まずは、ニキビ対策用の洗顔料で肌を清潔にしたり、化粧水で水分を補って乳液で皮脂のバランスを整えるなどしっかりとスキンケアしてみてください。

ポイント

ニキビの上から髭剃りをしない

髭剃りの頻度を減らす

電気シェーバーを使う

夜ではなく朝髭を剃るようにする

スキンケアをしっかりと行う

赤いブツブツがある時の髭剃りの仕方

髭剃りをした後に赤いブツブツができたことはありませんか?

この赤いブツブツはニキビではなく、実は毛嚢炎と呼ばれる肌荒れの一種なんです。

最近によってできてしまうのへニキビと共通しているのですが、ニキビがアクネ菌によってできるのとは違って、毛嚢炎は黄色ブドウ球菌という最近に感染することによってできてしまいます。

毛嚢炎がでいている時の髭の剃り方ですが、毛嚢炎ができている時は、髭剃りをしない方がいいです。

毛嚢炎を間違って剃ってしまった際に、出血する時もありますし、剃った部分が色素沈着する場合もあるからです。

また、毛嚢炎は髭剃り時に皮膚にできた小さな傷から菌が侵入し発生してしまうので、汚れたカミソリやすでに肌荒れしている肌を剃った場合はこのような毛嚢炎(赤いブツブツ)がさらにできやすくなってしまいます。

肌のバリア機能が正常に働いている人であればそこまでひどくなりませんが、体調や病気によって免疫力が弱っている方は毛嚢炎が悪化する場合があります。

どうしてもそらなければならない場合は、肌への負担を最小限に抑えることが肌を清潔にして、綺麗なカミソリを使うようにしましょう。

ポイント

髭剃りの前に洗顔して肌を清潔にする
カミソリは清潔な新しいものを使う
肌に直接刃が当たらない電気シェーバーを使う
刺激になるアルコール入りの化粧水やローションでのスキンケアは避ける
毛嚢炎が治るまで髭剃りを控える

埋没した髭の剃り方

埋没した髭は、遺伝的にくせ毛の方に多いと言われています。

皮膚の表面に髭が埋まっていて癒着していたり、毛穴が塞がって髭が引っ張り出せない状態です。このような埋没毛ができる原因は、毛穴へのダメージ。

引っこ抜いたり、逆剃りしたりと言った皮膚自体に負担をかける毛の処理の仕方で毛穴を傷つけてしまうことによって起こります。

埋没毛の原因無理やり毛を引っこ抜く
逆剃りで肌に負担をかけてしまう
ワックスで無理やり毛を抜く

一度埋まってしまった毛穴は普通の髭剃りでは処理できないため、これから埋没した毛の処理の仕方を説明したいと思います。

ポイント


電気シェーバーを使う
肌へ直接触れないので、肌への負担を最小限に抑えることができます。

切れ味のいいカミソリを使う
切れ味の悪いカミソリは毛穴に負担をかけるので、定期的に刃を交換するなど、切れ味のいいカミソリを使用するようにしましょう。カミソリを交換する時期の理想的な目安とは2週間。電気シェーバーなら1ヶ月に1回です。

逆剃りしないようにする
T字カミソリを使う場合、いきなり逆剃りしてしまうと毛穴に負担がかかるので、順剃りしてから残りの髭を逆剃りするようにしましょう。

T字カミソリでの髭の剃り方は「髭剃り負けしない髭剃りの方法(T字カミソリ版)」をチェック

スクラブで肌の古い角質を落とす
皮膚の下に埋まっている埋没毛を早く皮膚の外に出すためには古い角質が皮膚表面に残っているとなかなか毛が外に出てきてくれません。

スクラブ洗顔やピーリングで古い角質を落として、皮膚表面のケアをしてあげましょう。

ただし、スクラブ洗顔はニキビやヒリヒリを起こしている時には肌への刺激が強すぎると逆効果になる可能性があります。多くても週1〜2回くらいにしておいてください。

保湿ケアをしっかり行う
保湿ケアは肌あれしていても、していなくても髭剃りをする人にとって欠かせません。

しっかりと乾燥している硬い肌からは髭がなかなか出てきにくいので、保湿して肌を柔らかくすると埋没毛が早く改善されます。

埋没毛は、毛穴の手入れをちゃんとしていれば、約1ヶ月くらいで改善できるので、日々ただし手入れをすることが重要です。

蒸しタオルで毛穴を開いたり、保湿クリームで角質を柔らかかくして、皮膚から髭が出やすい状態を作ってあげることも大切です。

カミソリを長持ちさせる方法

カミソリを長持ちさせるためには、カミソリの刃は硬い髭や長い髭を剃る際に痛んだり刃こぼれしたりします。よって、髭はこまめに適切な長さになった時に切るようにしましょう。また、髭を柔らかくして刃に負担をかけないために、シェービングクリームを使うようにしましょう。

汚れが刃についたままだと、皮脂や水分がさびや雑菌繁殖の原因になってしまいます。髭を剃り終わったあとは綺麗に汚れを落としてしっかり乾燥させましょう。

タオルで吹いてもいいですが、刃を横滑りさせると刃が痛むので、ポンポンと優しく刃の水をきる程度にしておきましょう。

髭剃りで使うカミソリの切れ味悪いと、肌にもよくありません。髭剃りによる肌荒れを防ぐために、カミソリを適切に保管して長持ちさせましょう。

ポイント

シェービングクリームやプレシェーブローションで髭を柔らかくして髭剃りへの負担を減らす

伸びすぎた髭は剃らない

皮脂や水分などは綺麗に洗って落とす

タオルで拭くときは横滑りさせない

よく乾燥させ、湿気の少ない場所で保管する

最後に

いかがでしたでしょうか。髭剃りは男性にとってもっとも身近なスキンケアとも言えますが、肌荒れしない髭剃りの仕方は正しい髭剃りを覚えておくと回避できますよ。

あなたにとって、毎日の髭剃りが苦痛にならないためにも、しっかり髭剃りの仕方をマスターしましょうね!