【必見】男のテカリ防止はメンズ化粧品で防げる!ギトギト顔対策でやること

朝起きた時から顔がなんだか脂っぽい、出かける前に洗顔しているのに会社に着く頃にはすでに顔がテカっている。

顔を触ると常にべたついている、毛穴から脂がどんどん出てきている気がする・・・など、顔のテカリやベタつきが気になるかたは多いのではないでしょうか。

また、顔がギトギトしていると清潔感がなく、周囲からの印象もよくありません。

そこで、顔のテカリやギトギトの原因と今日からできる対策方法について紹介したいと思います。

どうして顔がテカる?テカリの原因と対策

いつもテカテカ皮脂が出て気になりますよね?どうして顔がテカってしまうのか、まずは顔がテカる原因からみていきたいと思います。

テカリの原因は大きく3つ

顔のテカリの原因は主に3つあります。それぞれ詳しくみていきましょう。

テカリの原因
  • 食生活や生活習慣が関係している
  • 肌の乾燥が原因になっている
  • 間違ったスキンケア

食生活や生活習慣が関係している

顔のベタつきの原因としてまず1つ目にあげられるのは、食生活や生活習慣です。

とても急いがしく、仕事で疲れているときなど、顔や頭皮のテカリやベタつきが酷くなってるなぁと感じたことはありませんか・

喫煙、睡眠不足などの不規則な生活が続いていると男性ホルモンが優位になり、顔から皮脂が分泌されやすくなります。

皮脂の分泌には食事、睡眠、運動、ストレスが関係しているため、なるべくバランスの良い食事や適度な運動を心がけ、ストレスがたまらない環境づくりをすることも大切です。

また、チョコレートやピーナッツなどを食べ過ぎるとテカリやニキビができやすくなるという説もありますが、

これらは科学的根拠がなく、最近では特にテカリとの関係がないことがわかっています。

しかし、ハンバーガーやフライドポテトのようなジャンクフードやステーキなどの動物性脂が多く含まれているものは顔のテカリの原因になる以外にも肥満や生活習慣病の原因にもなるので、

ほどほどにしてバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

自分の体を作っているものは自分が食べている食べ物からなので、食生活の見直しは、良い肌細胞を作るためにも積極的に行った方がいいでしょう。

肌の乾燥が原因になっている

肌の乾燥がテカリの原因になっていることはちょっと想像しにくいかもしれませんが、本当です。

例えば肌が乾燥すると、肌自身がもうこれ以上肌を乾燥させないように皮脂をたくさん出して肌をうるおそうとします。

頬が乾燥しているのに、鼻やおでこはテカル人は特に要注意です。このような状態はインナードライといって、

肌の内部の水分量がかなり低下している状態にも関わらず皮脂量だけが多くなっています。

インナードライにならないためには、化粧水で肌内部の水分を補ってあげたり、乳液で肌の表面を保護してあげる、

また、洗顔料は潤い成分がたっぷり入った保湿力が高いものを使うといった対策が必要になります。

間違ったスキンケア

テカリが気になる男性の多くが陥ってしまうのが、間違ったスキンケアです。

テカリが気になるので、顔拭きシートを頻繁に使ったり洗浄力の強い洗顔料で顔をゴシゴシ洗いをしていませんか?

皮脂の落としすぎは肌の乾燥やインナードライを招いてしまうのでやめましょう。

それに、肌のバリア機能を担っている肌に必要な皮脂までも落としてしまうので、テカリ以外にも様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

先ほども述べたとおり、肌の乾燥は余計に皮脂分泌を招いてしまうので、テカリ防止には逆効果です。

皮脂線を活発にしてしまうスキンケアの仕方で、もう一つあげられるのが、肌をゴシゴシこすったり、爽快感のあるシートで顔を拭き取ることによる物理的刺激です。

肌への余計な刺激は皮脂分泌の活動を盛んにしてしまうので、どうしても気になるときはゴシゴシこするのをやめて優しく押さえる程度にしておきましょう。

顔のテカリやベタつきが気になるからといって、顔拭きシートで強く顔をこすったり1日2回以上洗顔するのはNGです。

テカリを放っておくと起きる肌への悪影響

テカリは放っておくと毛穴が詰まってニキビができたり、皮膚の表面に残った皮脂が酸素に触れることによって酸化し、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の原因になることがあります。

よって、肌の皮脂量は適切に保つようにし、水分と油分のバランスを整えることが大切です。

即効性あり!今日からできるテカリ対策

食生活や生活習慣は長年積み重なってきたことなので、すぐに直すのは難しいでしょう。そのため、次は、今日からできるテカリ対策について述べていきたいと思います。

顔拭きシートやあぶらとり紙を使うときは優しく抑える

営業職のかたや外回りをする必要がある人は、お客さんからテカっていると思われたくないですし、清潔感を維持するために顔拭きシートをよく使うと思います。

僕も今でも顔拭きシートを使っていますし、営業なので常にシートを持ち歩いています。

しかし、顔拭きシートでゴシゴシ顔をこするのは物理的刺激を与えてしまうし、乾燥肌の原因になるのでNG

どうしてもテカリを拭き取りたいときは、顔拭きシートをまず取り出して、2つに折り、まず片面でテカリが一番酷くなりがちな鼻周りとおでこを軽く抑えます。

そのあと、まだ使っていない顔拭きシートの清潔な面を使いながら、頬→あご→首などを抑えて皮脂を顔拭きシートに吸着させます。

そうするとテカリが綺麗に顔拭きシートに吸収されるだけでなく、肌に余計な刺激を与えずに必要な潤いを残して皮脂を取り除くことができるので是非、試してみてください。

顔拭きシートは爽快感があるものや刺激が強いものがあるので、敏感肌のかたや乾燥肌のかたは男性用のものではなく女性用の顔拭きシートやあぶらとり紙を使うようにしましょう。

そうすると肌への刺激が少なくなり、皮脂分泌自体も抑えることができます。

根本的に解決するためには、スキンケアを見直す

顔拭きシートやあぶらとり紙は、あくまで一時的な対策となります。やはり、テカリを改善するためにはスキンケアを見直す必要があるんです。

そこで、皮脂分泌をなるべく抑えてテカリを改善する正しいスキンケアの方法をみていきたいと思います。

テカリを改善するスキンケアの方法

ではテカリを改善するためのスキンケアの方法を具体的にみていきたいと思います。

水洗顔はNG!水洗顔でテカリは治せない

油と水が交わらないように、顔の皮脂は水を弾いてしまうため、水洗顔では皮脂は落としきれません。もちろん水だけでテカリを改善することもできません

少なくとも、皮脂が落ちる水の温度は人間の体温に近い38度以上です。

水洗顔で落とし切れるのは顔の表面についたホコリや砂などの表面的な汚れで、毛穴から出た汗や皮脂などの頑固な汚れは落としきれないんです。

よって、水洗顔では不十分。水だけで洗顔をしていると皮脂や毛穴の汚れがどんどん詰まっていきニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

洗浄力よりも保湿力を優先する

テカリが気にある人がよく陥る間違ったスキンケアの方法として、洗浄力だけを重視した洗顔料を使うことです。確かに、そのような洗浄成分がたくさん入った洗顔料はテカリやベタつきを綺麗に落としてくれますし、スースーとしたメントールのような爽快感があるため、洗い上がりはとてもスッキリします。

でもそのような洗顔料は逆効果!テカリの原因になってしまいます。

ベタつきが気になるからと言って洗浄しすぎることは肌が乾燥してしまうと述べたと思います。

では、どうすれば皮脂が抑えられるかについてですが、その逆の保湿に注目しましょう。

肌が乾燥すると皮脂が盛んに分泌されるなら、逆に肌を潤すことによって肌自身にしっかり保湿できていることを自覚させ、皮脂の分泌を抑えることができるんです。

よって洗顔料も必要な皮脂をちゃんと残してくれる保湿力が高いものを使用し、化粧水や乳液で水分と油分を適度に補うようにすれば皮脂やベタつきを抑えることができます。

泡立ちの良い洗顔料を使う

では、保湿力の高い洗顔料はどのような洗顔料なのでしょうか。保湿力が強い=ちゃんと汚れが落ちないと思う方もいるかもしれませんが、確かにそのような洗顔料は存在します。

なので、保湿力が高く、洗浄力もきちんと兼ね揃えている洗顔料を選ぶ必要があります

保湿力が高く、洗浄力も高い洗顔料を選ぶときに必要なのがまず一つ目として泡立ちです。

泡立ちの良い洗顔料は毛穴の奥まで洗浄成分が行き届き、すすぎ残しも防いでくれますし、肌に負担をかけずに洗顔することができるので肌の乾燥を防ぐことができます。

そこで、保湿力が高く、泡立ちが良い洗顔料として僕が愛用しているオススメの洗顔料がバルクオムというメンズコスメです。

>>バルクオム 肌活コース公式通販サイト 

バルクオムはりんご幹細胞エキスという4ヶ月放置しても腐らないりんごのエキスが配合されているんですが、このエキスは自分の細胞を長期間みずみずしく保って干からびさせない力がある特殊なりんごから取れたエキスなんです。

バルクオムりんご幹細胞エキスが凄い!アンチエイジング効果を徹底解析
りんご幹細胞エキスという成分を聞いたことがあるでしょうか。 マツコデラックスと村上信五が司会を務める月曜から夜更か...

りんご幹細胞エキスはここ最近美容業界からかなり注目されている成分で、この成分が含まれている化粧水を使うと、肌が長時間みずみずしく変化するのと、肌の水分量が上がりハリツヤがでるのでこの成分を配合する化粧品メーカーも増えています。

また、バルクオムにはクレイミネラルズという泥からできた洗浄成分が使われているんですが、この成分は肌をゴシゴシこすらなくても勝手に毛穴の汚れを吸着してくれるので肌への物理的刺激を防ぎながら汚れを落としてくれます。

化粧水は必ずつける

男性はスキンケアに手間をかけたくないという方が多いかもしれません。僕もそのうちの一人なんですが、テカリ予防に化粧水は欠かせません。

洗顔している間は肌から水分がどんどん抜けてしまっています。そのため洗顔後は必ず化粧水で肌の水分を補ってあげる必要があります。

化粧水をつけないで放置しておくと、肌が乾燥した肌を潤おそうと、皮脂をどんどん出そうとしてベタつきの原因になります。

必ず化粧水で保湿するようにしましょう。

実は乳液もテカリ防止になる

乳液はベタつくからつけたくないという方もいるかもしれません。

しかし、乳液は皮脂に必要な油分を補って肌の免疫力を高めてくれたり、活発になりすぎた皮脂線から皮脂が出過ぎるのを抑える役割があります。

テカリも気になるという方はさっぱりタイプの乳液を使うのがオススメです。

スキンケアが面倒臭い時はオールインワンジェルで解決する

洗顔→化粧水→乳液というステップが面倒というかたはオールイワンジェルを使うのも良いでしょう。オールインワンジェルとは、一つのアイテムに複数の機能が含まれているスキンケア商品の一つです。

例えば、アクアモイスは1本で化粧水、乳液、美容液、クリームの役割を果たしてくれるので、洗顔後にこれをつけるだけでスキンケアが完了します。

忙しい朝や疲れている夜のスキンケアがとても楽になるので、オススメですよ。

>>アクアモイス公式サイト

テカリが改善するまでの期間

スキンケアを見直したら、どれくらいでテカリを抑えることができるのでしょうか。

成人男性の肌の生まれ変わりのサイクルは約1ヶ月と言われています。

なので、スキンケアを変えてから1ヶ月くらいは様子をみてみましょう。

テカリは化粧品やスキンケアの方法を変えたからといってすぐにおさまる訳ではありません。焦らずに毎日肌の変化を確認しながら長い目で見ることが大切です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今あるスキンケアを見直すことによって、肌の環境を変えることができます。テカリやベタつきが気になっている方は、ぜひスキンケアの見直しと僕がおすすめしたバルクオムやアクアモイスをお試ししてみてください。