【混合肌の人必見】後悔しないメンズ洗顔料の選び方とスキンケアのポイント

  

TゾーンはテカるのにUゾーンはベタベタする混合肌。乾燥を防ぐために乳液を使うとベタつきそうだし、かといって何も使わないと乾燥しそうだし・・・と、混合肌は2つの肌質が合わさっているため、スキンケアが難しいものです。

でも、安心してください。混合肌でも洗顔料の選び方と正しい洗顔方法さえ押さえておけば、ちゃんと美肌が目指せますよ。


          管理人
混合肌って洗顔料の選び方が難しいですよね?そんな混合肌の方のために、洗顔料とスキンケアの仕方をわかりやすく解説していきますよ。

混合肌とは?

混合肌とは文字通り異なる肌タイプが混在している肌です。また、混合肌は皮脂量が多く水分量がすくないという特徴があります。例えば「乾燥肌+普通肌」「オイリー肌+乾燥肌」「オイリー肌+普通肌」などいろんな組み合わせの混合肌があります。

「乾燥肌+普通肌」や「オイリー肌+普通肌」のように普通肌と一緒に別の肌タイプが混在している場合は普通肌以外の部分にスキンケア用品を合わせればいいだけなので、問題ありませんが、厄介なのは「オイリー肌+乾燥肌」の場合です。

この場合、保湿力の高いものを使えばオイリー肌の部分はベタつきそうだし、ベタつきを取り除く洗浄力の強い洗顔料を使えば乾燥する部分が出てきたりと、スキンケアにも工夫が必要になります。

しかも、男性の肌のほとんどは混合肌なんです。よって、今回は混合肌の中でも厄介な「オイリー肌+乾燥肌」のための洗顔料の選び方について解説していきたいと思います。


          管理人
POINT!
洗顔後、10分間何もつけずに放置します。最初に肌のツッパリを感じたら鏡をみて肌の状態をチェックします。他の部分はツッパッたママだけどTゾーンにだけテカリを感じたら混合肌の可能性が高いです。全体的にツッパッタままだと乾燥肌、全体的にしっとりしてきたら普通肌です。

混合肌の人が洗顔を選ぶ時に気をつけること

混合肌の人は、異なる肌タイプが混在しているために、しっとりタイプかさっぱりタイプのどちらの洗顔料を選ぼうか悩むと思います。結論からいうと、混合肌の人に必要なのは保湿力の高い洗顔料です。

混合肌の方がよく誤解している洗顔料の選び方として、Tゾーンがテカったりベタつきがあるからといって、メンソール系のスースーとして爽快感のある洗顔料を選ぶことがあります。

メンソール系の洗顔料のほとんどは合成界面活性剤という洗剤にも配合されるような油分をしっかり落とすための洗顔料です。しかし、このような洗浄成分のかなり強い洗顔料は、乾燥している部分には刺激になりやすく、敏感肌の原因にもなりますし、もっと深刻な乾燥を招くのはいうまでもありません。

またベタつきがあるところにこのような強力な洗顔料を使うと、本来肌に必要な皮脂までも一瞬にして落としてしまいます。皮脂は何かと敬遠されたがちですが、肌のバリア機能を保つためには必ず必要なものです。

皮脂の落としすぎは肌が乾燥していると感じ、余計に皮脂を大量分泌しようとするので、テカリが治るどころかテカリやベタつきがひどくなる可能性があります。よって、混合肌の方は洗浄力がありながらも、洗った後はつっぱらないような保湿力の高い洗顔料を選ぶようにしましょう。


          管理人
POINT!
洗浄力が強すぎると逆にテカリやベタつきの原因になるので、要注意!

混合肌の洗顔料はこう選ぶ

先ほど、混合肌の方が選ぶ洗顔料の注意点を説明しましたが、混合肌の洗顔料の選び方はポイントさえ押さえておけば実は簡単です。

  

混合肌洗顔料の選び方合成界面活性剤が入っていない洗顔料
保湿成分がたくさん入っていて洗顔後つっぱらない洗顔料
泡だてやすく、泡立ちが良い洗顔料

          管理人
では、選び方のポイントを1つずつ詳しく見ていきましょう!

合成界面活性剤が入っていない洗顔料

合成界面活性剤は、先ほども説明した通り、必要な皮脂まで落としてしまうのでNGです。しかし、全ての洗顔料に界面活性剤が使われていないとは限りません。

肌に優しいとうたっている洗顔料にも含まれていますし、敏感肌用の洗顔料にも界面活性剤が使われているのが事実です。しかし、界面活性剤にはいくつか種類があり、石油由来の合成界面活性剤天然由来の界面活性剤があります。天然由来の界面活性剤は油脂とアルカリ原料からできています。

もし洗顔料を選ぶのであれば、天然由来の界面活性剤を使っている洗顔料を選ぶようにしましょう。

保湿成分がたくさん入っていて洗顔後つっぱらない洗顔料

保湿成分で有名なのはコラーゲン、セラミド、アミノ酸などのあなたの肌の中にももともとある成分です。これらの成分は肌にハリやつやをもたらしてくれるので、保湿成分としても優秀です。

また、ゆずエキスや茶エキス、ドクダミなどの自然界から生まれる保湿成分もあります。あげたらキリがないですが、保湿成分や美容成分がなるべくたくさん入っている洗顔料がおすすめです。


泡だてやすく、泡立ちが良い洗顔料

泡立ちの良い洗顔料はすすぎ残しを防いでくれますし、肌当たりが良いのが特徴。きめ細かな泡で洗うことによって、毛穴の奥の汚れまで落としてくれるので泡立ちが良い洗顔料を選びましょう。ただし、泡立ちが良い洗顔料の中には合成界面活性剤が含まれている可能性があるので、その辺は注意です。

泡立ちをよくするためには泡だてネットを使用するのがおすすめです。

混合肌の正しい洗顔の仕方

混合肌の方は洗顔時にもポイントがあります。それでは正しい洗顔方法を紹介したいと思います。

1、手を綺麗に洗います。
どうせ、洗顔料で洗えるからいっかと思っていませんか?ちゃんと手を綺麗に洗っていないと、洗顔料自体の泡立ちが悪くなり、ふわふわの泡洗顔ができません。また、顔を予洗いをする際にも手が汚いと不衛生なのでちゃんと手を洗いましょう!

2、お湯の温度は36度〜38度に設定しましょう。お湯の温度を調整したら顔を予洗いします。
冷水のように冷たい水だと皮脂が落ちにくくなります。逆に温度が40度を越えると肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまうので、お湯は体温に近い温度に設定しましょう!


          管理人
POINT!
髪の毛が邪魔になるときはヘアバンドやカチューシャ、シャワーキャップなどを使うと髪の毛が邪魔にならないのでおすすめです。

3、洗顔料を泡だてネットもしくは手にとって、泡立てていきます。
泡立ちが良いと泡がクッションになってくれて手と顔が触れ合わず余計な負担を肌にかけなくて済みます。泡立ち不足はすすぎ残しの原因にもなるので、泡だてネットを使ってしっかり泡だてましょう!水分が多すぎると泡立ちが悪くなる原因なので、泡だてネットは濡らした後に軽くお湯を切りましょう。空気を含ませながら泡立てるとモチモチの泡が出来上がりますよ。手で押しても泡が潰れないくらいしっかりした泡が理想です。

4、ベタつきが気になる部分(Tゾーン)から洗っていきます。
洗顔時間が長くなればなるほど乾燥してしまいます。なのでベタつきが多いTゾーンを先に洗って、頬やUゾーンなどの乾燥しやすい部分は後から洗うようにしましょう!肌の上で泡を転がすように洗うと汚れを吸着しやすく、肌に負担をかけずに洗うことができます。決して男らしくゴシゴシ洗うことはしないでくださいね。

5、すすぎは顔の内側から外に向かってすすぎます。
表面積の広い頬やおでこからすすぎます。この時、内側から外側に向かってすすいでください。生え際や小鼻、フェイスラインなどの細かい部分はすすぎ残しができやすい部分なので、しっかりとすすぎましょう。

6、清潔なタオルで優しくポンポンと拭きます。
すすぎ終わったら清潔なタオルで優しく押し拭きします。前日に使用したタオルや汚れたタオルはせっかく顔を綺麗に洗ったのにまた汚してしまう原因になるので使わないようにしましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか。混合肌の方でもポイントを抑えるだけで自分の肌に合った洗顔料を選ぶことができますよ。肌質を変えるのは大変なので、正しく自分の肌と付き合っていくことが大切です。

では、また次回お会いしましょう!