バルクオム乳液が必要な人・いらない人の違いとは?乳液なしでも効果ある?

>>メンズスキンケアのバルクオム公式通販サイト 

洗顔後のスキンケアは化粧水だけで十分かなと思っている方でも、乳液を使った方が良いのかどうか考えることがあるのではないでしょうか。

そこで、今回は、バルクオムの乳液を使った方が良いのか、それとも使わなくても良いのか考察してみたいと思います。

この記事を読めば、バルクオムの乳液の効果と乳液を使った方が良い人、そうでない人が簡単にわかるでしょう。

この記事の結論
  • 乾燥・テカリ・髭剃り負けなどが気になる人は使った方が良い
  • 肌トラブルがない人は使わなくても良い
  • 乳液を使った方が、美容効果が高い
     参考:総合ランキングの順位を確認

 バルクオム乳液のメリット
  • 肌が乾燥しにくくなる
  • テカリ・ベタつきが抑えられる
  • ニキビの改善に期待できる
  • 髭剃り負けを予防できる
  • 肌の赤みを抑えることができる

バルクオム乳液のデメリット
  • スキンケアの手間は増える
  • コストがかかる

バルクオムの乳液がいる人といらない人の違い

バルクオムの乳液が必要な人と必要でない人の違いは一体なんなのでしょうか。

バルクオムの乳液が必要な人とそうでない人の特徴は以下の通りです。

 バルクオム乳液が必要な人
  • テカリ・ベタつきが気になる
  • 乾燥肌・敏感肌の
  • 肌がヒリヒリしやすい
  • 髭剃り負けする
  • 赤みが気になる
  • 肌にハリ・つやが足りない

バルクオム乳液がいらない人
  • 肌トラブルがない

バルクオムの乳液が必要な人の特徴を解説

次に、バルクオムの乳液が必要な人の特徴とその理由について詳しくみていきたいと思います。

テカリ・ベタつきが気になる

バルクオムの乳液の役割は、皮脂をコントロールできることです。

ベタつきがさほどなく、ニキビや乾燥などの肌トラブルがない人は、肌の皮脂量が適切に保たれています。

反対に、顔がベタベタしたり、皮脂が出やすい人は洗浄力の強すぎる洗顔料で顔をゴシゴシ洗ったり、顔拭きシートで何度も顔を拭くことによって、肌に本来必要な皮脂までも取り除いてしまうことが原因なのです。

肌に最低限必要な皮脂が残っていないと、逆に肌がカサついたり、乾燥していると感じて、皮脂をたくさん分泌して余計にベタつきます。

そのため、乳液で必要な油分を補う事によって、肌が十分に潤っている状態にして皮脂が余分に出るのを防いでくれます。

もしかしたら、乳液はベタつくから使いたくないという方もいるかもしれませんが、バルクオムの乳液はほとんどベタつきません

むしろ乳液の中ではとてもさっぱりとしていて、つけた後にサラサラになるので、バルクオムの乳液をつけたらベタつくのではないかと思っている方でも安心して使うことができます。

乾燥肌・敏感肌・ヒリヒリしやすい

バルクオムの乳液には適度な油分が含まれているので、乾燥した肌やめくれた角質を油膜が保護して外的刺激から守ってくれます。

ちゃんと化粧水でスキンケアをしているにも関わらず、肌がカサカサする方や、乾燥肌の人、ヒリヒリする方はバルクオムの乳液を使った方が良いでしょう。

髭剃り負けする

髭剃りは男性にとって欠かせない身だしなみの一つですよね。

でも、カミソリを使うと赤くなったり血が出たり・・・必ずと言って良いほど肌トラブルが多いものです。

そんな場合は、髭をそる前にバルクオムの乳液をヒゲに揉み込みながら肌になじませます。

そうすると、肌とヒゲが柔らかくなって肌を傷つけずにヒゲを深ぞりしやすくなるのです。

また、肌の角質が潤ってカミソリ負けを防いでくれるので、血が出たり、ヒリヒリするのを抑えてくれるでしょう。

ただし、カミソリに油分が付着するので、汚れやすくなり、汚れたカミソリは肌トラブルの原因になります。

使い終わったら、綺麗に洗って乾燥させることが大切です。

髭剃りをした後も化粧水や乳液でしっかり保湿するようにしましょう。

赤みが気になる

肌の赤みの原因は、乾燥・外的刺激・ニキビなどいろんな原因があります。

乳液は肌にしっとり感を与えてくれて、外的刺激から守ってくれる役割があるので、肌そのもののバリア機能を高めて、肌トラブルが減る可能性があります。

ほほや髭剃り負けによる赤みが気になる方はバルクオムの乳液をお試ししてみてはいかがでしょうか。

肌にハリ・つやがない

肌のハリやつやがある肌は、清潔感があり、若々しく、見た目の印象もアップします。

バルクオムの乳液をつける事によって、油分が肌に浸透し、内側からハリやツヤを与えてくれます。

ほうれい線や、乾燥じわが気になる方もバルクオムの乳液を使ってみると良いでしょう。

バルクオムの乳液がいらない人の特徴を解説

続いて、乳液がいらない人もしくは、使わなくても良いひとの特徴をみていきたいと思います。

肌トラブルがない

言うまでもないのですが、肌トラブルがない人は、バルクオムの乳液を使う必要はありません。

バルクオム乳液の特徴

次に、バルクオム乳液の特徴をみていきたいと思います。

ベタつかずサラサラ

では、どうしてバルクオムの乳液が他の乳液よりもさっとしているのかについてみて行きたいと思います。

保湿成分にグリセリルグルコシドを使用

乳液独特のベタつきは保湿力を高めるために油分を使っているからなんですが、油分だからベタベタしてしまうんです。

バルクオムの保湿グリセリルグルコシドはお酒からできている成分で、お肌をしっとりさせてくれるけれどとてもベタつきを感じにくい成分なんです。

人の皮脂構造に近いスクワランオイルを使用

スクワランとは、皮脂に含まれ、お肌のうるおいを守る保湿効果が高い成分です。

25歳くらいからスクワランが少なくなってしまうため、肌が乾燥したりハリ・ツヤが減ってくることがわかっているんですが、

人の皮脂構造に近い“スクワランオイル”を使うことによって、異常なベタつきを感じるを最低限に抑えています

スクワランオイルは角質層という肌の奥の部分で肌と同じようなバリア機能を作ってくれるので、乾燥や外部刺激から肌を守ってくれます。

美容効果が高い

バルクオムの乳液には、4ヶ月放置しても腐らない「奇跡のりんご」と呼ばれているりんごからできたりんご幹細胞エキスが含まれています。

この成分は、自分の細胞の修復能力が非常に高く、腐っていくのを防ぎ、強い抗酸化作用を保つため老化を防いでくれるんです。

そのため、アンチエイジング効果が高く、シワ・しみ・乾燥などを防いで肌を若々しく保ってくれます

そのほかにも、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、クレイミネラルズなど肌に必要な栄養をたっぷり与えてくれるので、美容効果がかなり期待できると言えます。

バルクオム 乳液の全成分
水、グリセリン、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、BG、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、クレイミネラルズ、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、パルミチン酸セチル、ステアロイルグルタミン酸Na、キサンタンガム、レシチン、エタノール、水酸化K、水酸化Na、グリシン、カルボマー、フェノキシエタノール、香料

バルクオム乳液を実際に使ってる人の口コミ

バルクオムの乳液の口コミをSNSや口コミサイトで調査してみました。

実際にバルクオムの乳液を使っている人の生の声を聞いてみたいと思います。

 口コミ・評価
今まで使った中で一番良い。うるおいがあり、べたつきません。詰め替えて使用がオススメ。(引用:アマゾンカスタマー)

 口コミ・評価
品質がすごく良いです~毎日朝と晩を使います。特に夜のケア、これを使ったら、朝起きたら、肌の感じが全然違います。初めてではないから、今回はセットの中で乳液がなくなり、乳液だけ購入しました。これからも続けて利用したいと思います。(引用:アマゾンカスタマー)

 口コミ・評価
家族にプレゼントとして購入しました。とても気に入ってくれたので、私も使用したのですが化粧水の後に塗ったらすごくさらさらなのですがしっかりと保湿してくれてとてもよかったです。メンズ化粧品ということで今回はプレゼントとして購入させてもらいましたが私もリピートしようと思います。(引用:アマゾン RINOさん)

 口コミ・評価
乳液だけアマゾンで買いました。化粧水と洗顔はもともとあるので。肌も荒れないしニキビも減ったのでまた買います。(引用:アマゾンカスタマー)

バルクオムの乳液を使った人の中でイチバン目立ったのは、べたつかない・潤う!という口コミでした。

そのほかにも、肌荒れやニキビが防げるという口コミも多くみられました。

 乳液使った人の口コミまとめ
  • 潤いがアップした
  • べたつかない
  • しっかり保湿できる
  • 肌荒れやニキビが減った

体験|バルクオム乳液を使った時と、使わない時の効果を検証

実際にバルクオムの乳液にどのような効果が期待できるのか確かめてみるために、バルクオムの乳液を写真付きでレポートしたいと思います。

500円でバルクオム肌活コースを注文

バルクオムで肌活コースを注文しました。

500円で洗顔と化粧水がセットになっていて、乳液のサンプルが無料でもらえるようなので、こちらを選びました。

注文してから到着するまで3日ほどかかりましたが、思ったよりも早くて嬉しかったです。

肌活コースは特典がたくさん

500円でお試しできるのに、とてもたくさん入っています。

 同梱されているもの
  • 洗顔 1個
  • 化粧水 1個
  • 泡だてネット 1個
  • 乳液のサンプル 2包
  • 化粧水詰め替えボトル 1個
  • 納品書・カタログなどのペーパー類

このうち、泡だてネット・乳液サンプル・化粧水詰め替えボトルは無料でもらえるので、かなりお得です。

3日分使える乳液のサンプルが無料で手に入る

乳液のサンプルは2包入っているのですが、1包に対して3回分くらいの量が入っているので、3日分ほどは使うことができます。

お試しにはちょうど良い量です。

使い方は、朝晩の洗顔後すぐに使用します。

手に10円玉くらいの大きさの乳液を取り出して・・・

取り出した乳液をくるくると円を描くように伸ばしていきます。

乳液は柔らかなテクスチャーで伸びが良いです。

肌に乳液が残っている感じがしなくなるまでなじませて、さらっとした感じになればOKです!

すぐに浸透してどんどん肌がスベスベな質感になってきます。

乳液をつけた後に肌を触ってみると、モチっとして手が吸い付くようにまります。

きになるベタつきですが、ベタベタした感じは全くありません

バルクオムの乳液を使った時と使わない時の肌の違い

バルクオムの乳液を実際に使ってみた時と、乳液を使ったときと使わない時の肌の違いは以下の通りです。

 乳液を使った時
  • 肌がしっとりする
  • 肌のモチモチ感が増す
  • 夕方まで保湿力が続いている
  • 乾燥しにくくなった

乳液を使わなかった時
  • 乾燥しやすかった
  • しっとり感ない

乳液を使わなかった時は、使った時よりも保湿力がものなりない感じがしました。

乳液を使った方が、肌がもっちりとして、保湿力が高くなるので、しっとり感が全然違います。

また、乳液を使った方が、肌がつやつやになりました。バルクオム乳液を最安値で手に入れる方法

乳液は定価3000円(税別)するので、決して安くはありません。

そこで、オススメの購入方法が公式サイトから定期コースで購入する方法です。

定期コースなので、毎月バルクオムを自宅に届けてくれるのですが、いつでも解約できますし、全額返金保証付きなので、もし肌に合わないときでも安心です。

初回だけコースで注文して、気に入ったら継続、気に入らなかったら返金してもらうかコースをやめるか選択できます。

定期コースの最大のメリットは、乳液以外にも洗顔料と化粧水が入っているので、バルクオム の乳液以外のスキンケアも一緒にお試しできるところ。

定期コースの価格は2380円なので、乳液の単品価格よりも安い価格で洗顔料も化粧水も一緒にお試しすることができる超お得な方法です。

もし、乳液が肌に合わないかもしれないから、サンプルからお試ししたいという方は、バルクオムのBASICコースだと乳液のサンプルが無料でもらえます。

BASICコースは500円なので、こちらも超オススメのコースです。まずはお試しからという方や、初期費用を抑えたいという方は試してみてください。

>>バルクオム 肌活コース公式通販サイト<<

まとめ

いかがでしたでしょうか。

バルクオムの乳液で皮脂量をコントロールできるようになれば、自然と肌のバリア機能が高まってくるので肌荒れやニキビ、しわなどもできにくくなります。

バルクオムの乳液を使った方がいい!と思った方は、ぜひお試ししてみてくださいね!

>>バルクオム 肌活コース公式通販サイト<<