ZIGENバルクオムの成分効果を全比較|どちらが優秀?併用できる?

メンズコスメと検索すると、必ずと言って良いほど出てくるバルクオムとZIGEN。

バルクオムとZIGENどちらもメンズコスメの中ではかなり有名なので、初めて使う方はどちらが自分の肌に合うかわからないという方もいるのではないでしょうか。

2つのメンズコスメの違いはなんなのでしょうか。また、あなたの肌タイプに向いているのはどちらなのでしょうか。

今回はそんなあなたのために、バルクオムとZIGENを実際に使ってみた私が、体験に基づいて、2つのメンズコスメの特徴と選び方のポイントを徹底解説したいと思います。

この記事でわかること
口コミランキングに騙されないメンズ化粧水の超簡単な選び方3つ
男性のスキンケアに欠かせない化粧水。 口コミやランキングサイトはたくさんあるけど、結局どうやって選ぶのか、いまいち...

バルクオムとZIGENをわかりやすく比較|コスパ・価格・成分の違いなど

はやく結論を知りたい方もいると思うので、まずは化粧品選びに重要な大きな違いだけを簡単にみてみましょう。

商品名 バルクオム ZIGEN
価格 洗顔   2,160円
化粧水  3,240円
乳液   3,240円
洗顔    2,200円
化粧水   3,990円
内容量 1ヶ月分 2ヶ月分〜3ヶ月
特徴 メンズコスメの中で最も売れている。泡立ちがよく、肌に負担をかけることなくしっかり汚れを落とすことができる。
ツッパリ感がなく、保湿力が高い。
初回購入の場合は、500円で購入できる。
こんにゃくマンナンを使ったソフトなスクラブを配合。角栓やざらつきを落とすので、肌のごわつきが気になる方におすすめ。
オールインワン化粧品なので、洗顔後のスキンケアが簡単。
各種割引

500円(公式サイトのみ)

4070円(公式サイトのみ)
購入方法

>>バルクオム公式サイト

>>ZIGEN公式サイト

ZIGENとバルクオムに共通していること

ZIGENとバルクオムは、危険な合成添加物が不使用と、洗浄力と保湿力のどちらをも兼ねた良質な化粧品の条件をクリアしている、どちらも最高ランクのメンズコスメだと言えます。

 ZIGEN・バルクオムに共通の特徴
  • 洗浄力が高い
  • 保湿力が高い
  • 肌に毒性のある成分が入っていない

ZIGENとバルクオムと特徴を比較

まずは、価格や成分をはじめ、使用方法など、特徴の違いをみていきましょう。

※価格は全て税込価格です。

  ZIGEN バルクオム
価格
  • 洗顔 2,200円
  • フェイスジェル 3,990円
  • 洗顔 2,200
  • 化粧水 3300円
  • 乳液 3,300円
容量 2ヶ月〜3ヶ月 1ヶ月
初回特別価格
  • 4070円(洗顔・化粧水セット)
  • 550円(洗顔・化粧水セット)
  • 2618円(洗顔・化粧水・乳液セット)
1日あたりの価格(洗顔) 24円〜36円 73円
1日あたりの価格(化粧水) 44.3円〜66.5円 110円
1日あたりの価格(乳液) 110円
1日あたりの価格(平均) 42.7円 97.6円
使うアイテムの種類 洗顔・化粧水 洗顔・化粧水・乳液
洗浄成分 こんにゃくマンナン クレイミネラルズ
化粧水の特徴的な成分 コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド りんご幹細胞エキス
無添加 ×
乳液の有無
手軽さ ★ ★ ★ ★ ★  ★ ★ ★

上記の比較を見て、ZIGENとバルクオムの違いが目立つのは、価格・成分・手軽さですね。

これが一体なにを意味するのか、詳しくみていきたいと思います。

ZIGENとバルクオムの違い①価格

1番はじめに目につくのは、やはり価格の違いでしょうか。

 ZIGEN・バルクオムの1日あたりの平均価格
  • ZIGEN:42.7円
  • バルクオム:97.6円

ZIGENとバルクオムの価格を比べると、1日あたりの平均価格は55円ほどバルクオムの方が高くなります。

しかし、バルクオムは乳液が使うアイテムに含まれているので、乳液を使う分、高くなっているという印象です。

よって、洗顔と化粧水だけしか使わない人は、バルクオムの方が安くなります。

しかし、各種割引を適当すると、バルクオムは500円〜で購入することができ、さらに乳液とのセット購入でも2618円となるので、初回価格はバルクオムの方がかなりお得となります。

※ZIGENもバルクオムも特別価格で注文の場合、送料はかかりません。

ZIGENとバルクオムの違い②成分

次に成分の違いについてみていきましょう。まずは洗顔からみていきます。

 ZIGEN・バルクオムの洗顔の成分
  • ZIGEN:こんにゃくマンナン
  • バルクオム:クレイミネラルズ 

ZIGENの洗顔に含まれている特徴的な成分はこんにゃくマンナンと呼ばれるこんにゃくから作られている柔らかなスクラブです。

角栓を優しく削り落として角栓を目減りさせてくれたり、肌の表面の汚れを掻き取ってツルツルにしてくれます。

反対にバルクオムはクレイミネラルズ と呼ばれる泥がマイナス帯電によって、皮脂汚れを吸着して落としてくれます。

ZIGENは汚れを削って落とす、バルクオムは汚れを吸着して落とすという違いであることがわかります。

次は化粧水の成分をみてみましょう。

 ZIGEN・バルクオムの化粧水の成分
  • ZIGEN:コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド
  • バルクオム:りんご幹細胞エキス

ZIGENとバルクオムの違いは、化粧水に含まれる保湿成分でも目立ちます。

ZIGENに含まれている保湿成分は、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの3大保湿成分と呼ばれる成分です。

これらの成分は肌にもともとある成分なんですが、この3つの成分が減少すると乾燥やしわなどの肌トラブルに繋がることがわかっています。

肌にもともとある成分なので、肌にも優しく副作用や毒性などの心配もありません。

ZIGENでは肌にもともとある成分をさらに補うことによって、肌トラブルを防いでくれます。

一方で、バルクオムには、ちょっと聞きなれない「りんご幹細胞エキス」と呼ばれる成分が入っています。

4ヶ月放置しても腐らないと言われる不思議なりんごの幹細胞から抽出したエキスなのですが、保湿効果に加えて、しわやたるみの改善、抗酸化作用など、アンチエイジングに効果が期待できる成分が入っています。

りんご幹細胞エキスは、人間の体の中には存在しない成分ですが、肌細胞に直接、働きかけて肌トラブルを防ぐことができるので、総合的に肌状態を改善したいという方にオススメの成分です。

【補足抗酸化作用】
人間の肌は、釘が錆びたり、放っておいたりんごが茶色くなるのと同じように、参加していわゆる「錆び」がついた状態になります。カラダの老化や血管の老化が進んだり、シミやシワ、肌あれなどの肌トラブルが起こったりと、さまざまな肌トラブルの原因になると言われています。

ZIGENとバルクオムの違い③無添加かどうか

ZIGENはパラベンフリー・アルコールフリー・オイルフリーなので、肌にとても優しくできています。

バルクオムはアルコールや香料入っていますが、肌に危険なレベルの量は入っていないため、皮膚刺激性・眼精刺激性もほとんどありません。

しかし、アトピーでバリア機能が著しく定価している方や、アレルギー体質の方は念のため注意が必要です。

バルクオムの全成分の副作用や、毒性については以下の記事にまとめました。

バルクオム洗顔・化粧水・乳液の成分効果と安全性|黒ずみや肌荒れが悪化する?
バルクオムは人気のメンズコスメですが、中には「効果がない」などの悪い噂もあります。 特に敏感肌のかたやニキビ肌...

ZIGENとバルクオムの違い④使い方

次はスキンケアの手軽さについてです。

 ZIGEN・バルクオムの乳液の有無
  • ZIGEN:手軽さ ★★★★★
  • バルクオム:手軽さ ★★★

スキンケアはできるだけ時間をかけずに手軽に済ませたいですよね。

そこでZIGENとバルクオムのどちらのスキンケアの方がより手軽かと言えば、ZIGENになります。

ZIGENでは上の比較表の通り乳液がありません。

どうして、ZIGENには乳液がなく、バルクオムには乳液があるのはなぜなのでしょうか。

その理由は、ZIGENの化粧水は、1つのアイテムで複数の役割を果たしてくれるオールイワン化粧品と呼ばれるもので、化粧水と乳液の役割を同時にしてくれるからなんです。

もっと細かくいうと、ZIGENの化粧水はジェルタイプになっているので、オールイワンジェルと呼ばれるものになります。

ZIGENのオールイワンフェイスジェルの役割は、化粧水と乳液の他に、クリームと美容液の役割も同時に行ってくれるため、1本でスキンケアを済ますことができて、とても手軽なのが特徴です。

バルクオムとはというと、化粧水は化粧水、乳液は乳液というように、1つのアイテムで1つの役割を果たしてくれるタイプです。

そのため、化粧水と乳液が別れています。

【オールイワン化粧品とは】
1本で、化粧水・美容液・乳液・クリームなどの多数の機能を備えた化粧品

ZIGENとバルクオムの特徴比較まとめ

ZIGENとバルクオムの特徴を比較した結果、どっちがおすすめの化粧品なのでしょうか?

特徴比較の結果
  • 価格の安さで選ぶ:バルクオム
  • 保湿力で選ぶ:ZIGEN
  • 保湿力以外の効果で選ぶ:バルクオム
  • 肌への優しさで選ぶ:ZIGEN
  • 手軽さで選ぶ:ZIGEN

ZIGENとバルクオムの香りやニキビへの効果などのその他の違いを比較

続いては、ZIGENとバルクオムの匂い・ニキビの改善効果など、データでは測ることのできない、実際に購入し、使ってみてわかる違いの比較です。

ZIGENとバルクオムの匂いに違いはある?

化粧品に含まれる香料にはリラックス効果があったり消臭効果があります。

少し香りがあった方がいいという方もいれば、香りは苦手!という方もいるのではないでしょうか。

ZIGENとバルクオムを実際に購入したときの香りや、また口コミ評判などを調査してわかった匂いについてご紹介したいと思います。

ZIGENとバルクオムの匂いの違いの特徴

ZIGENは肌への優しさが大きな特徴となるので、人工香料は一切不使用です。

そのため、洗顔もオールイワンジェルも全て無臭になります。

反対にバルクオムには香料が含まれているので、とてもいい香りがします。

商品の説明上は、フローラルフルーティの香りですが、実際に使って嗅いでみた香りは柑橘系に近い爽やかな香りといった感じです。

そんなにキツくなく、ふんわりかおる程度なので、化粧品ぽい香りが苦手という方でも使える人は多いと思います。

 ZIGEN・バルクオムの香りの違い
  • ZIGENは無香料だがバルクオムはほんのり香る程度の柑橘系の爽やかな香り

ZIGENとバルクオムのニキビ肌荒れの改善に期待できる?

ニキビや肌荒れをきっかけに、本格的にスキンケアを初めてみたいと思った方もいるのではないでしょうか。

ニキビには、皮脂の取りすぎや間違ったスキンケアなど、様々な原因が考えられます。

実は、化粧品も原因になることがあるのをご存知ですか?

一般に市販されているメンズコスメは洗浄力が強く、肌に必要な潤いまで奪ってしまっている場合が非常に多いんです。

皮脂を必要以上に奪ったり、ニキビの原因となるアクネ菌の殺菌だけを優先した洗顔料や化粧品は皮脂を余計に過剰にし、ニキビを悪化させてしまう原因にもなりかねません。

バルクオムはニキビやニキビ跡に効果ない?悪化する・治らない口コミは本当?
>>バルクオム 肌活コース公式通販サイト ニキビができている時って、どんなスキンケアを使ったらいいのかかな...

ZIGENとバルクオムはニキビや肌荒れに効果があるのか

それでは、ZIGENとバルクオムには、ニキビへの効果は期待できるのでしょうか。

結論から申しますと、かなりの効果が期待できます

ZIGENとバルクオムには、皮脂の洗浄や殺菌だけを優先した化粧品ではありません。

保湿力に重点を置いて、肌のバリア機能を高めてくれるため、肌が十分潤っていると認識して、ニキビの原因である必要以上に皮脂を出さないようにしてくれます。

その結果、毛穴詰まりを防いで根本的にニキビを解決してくれることが期待できるのです。

このようなZIGEN・バルクオムのニキビ改善効果に関する口コミがありました。

効果を実感している方も多いようです。

ただし、ここで注意したいのは、スキンケアはあくまで、ニキビや肌荒れを直接直すものではなく、皮脂量をコントロールしたり、保湿することでバリア機能を高めて結果的にニキビがよくなるため、即効性は期待できません。

中には、口コミのように1週間でニキビがなくなったという方もいるようですが、肌のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)は1ヶ月が平均なので、1ヶ月は継続することをオススメします。

 ニキビへの効果は?
  • ZIGENもバルクオムもニキビの改善に期待できる

メンズ化粧水ブランドランキング4選|ニキビ・テカリへの口コミやコスパを比較
ニキビやテカリで悩んでいる男性は多いですが、化粧水は何を使ったらいいかわからないという方もいるのではないでしょう...

ZIGENとバルクオムはどっちがおすすめ?

それではいよいよ、ZIGENとバルクオム、それぞれに向いている方を順番にみていきましょう。

ZIGENが向いている方

まずはZIGENが向いている方です。

 ZIGEN向き
  • ごわつきやざらつきが気になる
  • 毛穴の黒ずみが気になる
  • 肌に優しいスキンケアがいい
  • 香料が苦手
  • 手軽さ重視

バルクオムが向いている方

続いてバルクオムが向いている方です。

 バルクオム向き
  • こすらなくても洗浄力が高い洗顔が良い
  • 皮脂汚れが気になる
  • なるべく安く購入したい
  • 香りがあった方が良い

ZIGENとバルクオムがステマ・やらせと言われる理由

ZIGENやバルクオムを調べていると、目にすることのある、「ステマ」という言葉。

せっかく良い化粧品を探しているのに、ステマだったらショックですよね。

続いては、ZIGENやバルクオムが本当はステマなのか、またステマと言われる理由は何なのか、みていきたいと思います。

もしかすると余計に不安を煽ってしまうかもしれませんが、当サイトでは真実のみをお伝えしていきたいと思います。

ZIGENオールイワンはやらせ・ステマ?口コミ評判の裏側や効果の疑惑を解明
>>ZIGEN公式サイト 男性でも何らかのスキンケアしている人は年々増えてきている...

ZIGENとバルクオムがステマといわれる理由・真実

当サイトでも、高評価がついており、最高ランクのメンズコスメとして各ランキングでも上位に入っていることの多い、ZUGENとバルクオム。

みなさんもご存知のとおり、他のメンズコスメを紹介されているサイトでもランキング上位に入っていることが多いですよね。

このように多くのサイトで同じようにランキング上位に入っていると、ステマなのでは?と不安になる方も多いのは当たり前だと思います。

実際のところはどうなのかというと、中にはアフィリエイト報酬目当てで無条件にランキング上位にしているサイトも、残念ながら少なくありません。

本当に試してみて良いと思ったから勧めるのではなく、実際に使ってない人がお金のためだけに作ったコスメ比較サイトは信用するに値しないですよね。

綺麗で健康的な肌を手に入れたいのに、報酬が高いという理由だけで特定商品をむやみに勧めるのには非常に抵抗・嫌悪感を覚えます。

当サイトは「この現状を変えたい」「本当に良いメンズコスメを見つけて欲しい」という強い思いを持つ筆者の体験談だけで運営しています。

よって、人それぞれの肌質はありますが、筆者が実際に使っていないコスメについてはむやみに紹介していません。

写真も全て筆者の自宅にて撮影、思ったこと、メリットデメリットなどを素直に述べるようにしています。

そのため、自分の利益よりも、肌の健康を第一に考え、化粧品の成分・副作用・実際に感じた効果などを細かく徹底調査し、

本当に良さそうなものであればオススメして、すべての評価・結論・ランキングをだしています。

しかし残念ながら、当サイトのように運営されているサイトよりも、信用に値しないステマのようなサイトが多く存在しているのが現状です。

まとめ

一見、どちらを使えば良いのか迷ってしまうZIGENバルクオムですが、実は結構違いがあることがおわかりいただけたでしょうか?

美肌のために最も重要であるスキンケア。

違いを理解し、情報の質もきちんと見分けて、自分にぴったりの良質なメンズコスメを選ぶことが何より大切です。

他の方の口コミや評判をチェックするのももちろん大切ですが、結局は自分の肌合うかどうかが1番大切です。

正しい化粧品選びをしてスキンケアを楽しみましょう。